雑記の日々

ミステリが好きで、京都サンガをひそかに応援し、スーパーGTを見に行ったりもし、音楽も好きで、映画も少し好きな僕のグダグダ雑記ブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書)ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書)
(2008/07)
上杉 隆

商品詳細を見る


メカラウロコでした。
最近(といっても小泉フィーバーの頃から)ずっと感じてたマスコミに対する違和感の正体が少しわかったような気がします。
この本で紹介されているのは権力者に成り下がったマスコミ像。担当政治家が出世すれば自分も出世するというシステム、政治家からの推薦状で入社できるNHK、匿名記事の多さ、記者クラブの閉鎖性などなど・・・。
批判するときは威勢のいいマスコミこそ批判されるべき権力者だったのだなぁと感じました。マスコミも腐敗した権力のひとつだったんですね。

この本をよんでなるほどと思ったのは、アメリカの新聞が自らの立場を明らかにしてから意見を述べるというスタンスを取っていること、そしてアメリカの新聞では記事の誤りを積極的に認め訂正記事だけで1面つかうこともざらだということ(もっともアメリカと日本では新聞の厚みが全然違うようですが)。

日本のマスコミに関して僕が凄く嫌悪感を感じるのはあたかも中立な立場を装って一方の立場に有利になるような報道を平気でするところ。しかも具体的に政策を批判しないからタチが悪い。批判しても「だめだだめだ」というばっかりで解決策も示せない。

閑話休題

絶対読んどいた方がいい一冊です。



にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dei18.blog40.fc2.com/tb.php/82-de317982

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。