雑記の日々

ミステリが好きで、京都サンガをひそかに応援し、スーパーGTを見に行ったりもし、音楽も好きで、映画も少し好きな僕のグダグダ雑記ブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ダークナイト 特別版 [DVD]ダークナイト 特別版 [DVD]
(2008/12/10)
クリスチャン・ベールマイケル・ケイン

商品詳細を見る



タイタニックに次ぐ興行収入をたたき出した2008年夏公開の映画、バットマン・
まず故ヒースレジャーのジョーカーの演技がすさまじい。まさに狂人。圧倒的存在感。DVDのパッケージがバットマンではなくジョーカーなのもうなずけます。息つく暇のない展開、途切れない緊張感、演
出、映像、音楽、脚本、すべてが高レベルな作品。

特に注目すべきは脚本。「正義と悪」という、ありきたりに聞こえるかもしれないテーマですが、法の精神に反する行いをしてでも市民を救おうとするバットマン、そして金や地位ではなく、あくまでも人間の「善」を叩き潰し、高潔な人間を堕落させ、世界が破滅してゆく様を見てゆくことを目的に行動するジョーカー。人々の注目を集めるバットマン、それに挑むかのように凶悪な行為をするジョーカー。
表裏一体の関係にある二人。ジョーカーはそのことを巧みに利用し、バットマンとハービー・デント地方検事、ゴードン警部補を混乱させ、崩壊させていく。

いや~すごい。バットマンはどことなく現代社会のアメリカを連想させる存在ですが(巨大な力を持った正義という意味で)、そんな単純なものでもないのでしょう。正義が悪を生むというスパイラル、堕落する人間、人を信頼することはできるのか、とまぁいろいろ考えさせられる映画。印象に残るエピソードがいくつもあることからもこの映画のすばらしさがわかります。

深読みしようと思えばいくらでも深読みできそうな奥深さを持ちながら、決して難解ではなく、2時間半以上あきない展開でアクション映画としても一級品。歴史に残る映画でしょう。

見ないと損です。

にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dei18.blog40.fc2.com/tb.php/67-a34f8e11

★「ダークナイト」
今週の週末レイトショウは・・・ 「ららぽーと横浜」のTOHOシネマズまで遠征して来ました。 夜中のショッピングモールは、通路の閉鎖が多くて駐車場までたどり着くのが大変・・・でした。 ちょっと考えもの。

2009.02.07 01:07 | ★☆ひらりん的映画ブログ☆★

『ダークナイト』 2008-No52
ヒース・レジャーの遺作・・・こんなことにならなくても 絶対に観に出かけた作品。 だけど、やはり、 ヒース・レジャーの死によって特...

2009.05.11 23:02 | 映画館で観ましょ♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。