雑記の日々

ミステリが好きで、京都サンガをひそかに応援し、スーパーGTを見に行ったりもし、音楽も好きで、映画も少し好きな僕のグダグダ雑記ブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
人形はなぜ殺される 新装版 高木彬光コレクション (光文社文庫)人形はなぜ殺される 新装版 高木彬光コレクション (光文社文庫)
(2006/04/12)
高木 彬光

商品詳細を見る


日本の本格ミステリに(おそらく)名を残す、名作を読了。
怪奇趣味から論理的解決への流れは京極夏彦の「魍魎の匣」を思い出した。
でも仰天度ではある意味魍魎以上だったなぁ。さすが歴史に残る本は違う。


殺人の前に必ず人形を被害者に見立てて破壊し、その通りに殺人を実行するという不可解な犯人。人形の破壊がというリスクを高めるばかりに思える行為に合理的理由はあるのか?

この謎が、憎らしいほどきれいに解決されてしまうのが、この作品の評価を高めているのだろう。
何十年も前の作品ですが、読んで損はないです。


にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dei18.blog40.fc2.com/tb.php/32-67b9eae4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。