雑記の日々

ミステリが好きで、京都サンガをひそかに応援し、スーパーGTを見に行ったりもし、音楽も好きで、映画も少し好きな僕のグダグダ雑記ブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
まず感想から読み終わって壁に叩きつけるべき本なのか迷った。
ちなみにいままで壁にたたきつけた本は数えるほどしかない自分だが、叩きつけようか迷った本は叩きつけた本の倍以上ある。迷っているうちに作者の狙いがわかったり真の結末に気づいたりして納得したり、もしくは諦めてしまったり。

この本の場合後者だった。期待に対する失望があったのも確かだが・・・

出版社/著者からの内容紹介
ついに発動する最高にエッジなメフィスト賞!
大塚英志が熱望し、法月綸太郎が仰天する才能。戦慄の20歳!!

内容(「BOOK」データベースより)
妹が死んだ。自殺だった、と僕のイカれた家族は云うが。そして現れた男。手にはビデオ。内容は妹のレイプ中継。渡されたのはレイプ魔どもの愛娘達の克明すぎる行動表。こうされちゃあ、する事は一つ。これが自然な思考だね。そして僕は、少女達の捕獲を開始した。その果てに…、こんな馬鹿げた世界が用意されているなんて知りもせず


ノリツキさんが「仰天する」ってとこにもう少し注意すべきだったか・・・
ってこんな書き方すればこの本がまるで全く読むべきところの無い駄本に聞こえるかもしれないが、そんなことも無い。途中までは割りと楽しんで読んでいたし、ご都合主義だなぁとは感じていたがミステリとしては許容範囲だとも思っていた。

でもなぁ・・・あのラストは酷い。読者を強引に引っ張ってきておいてもう少しでゴールというときに読者を蹴飛ばすような…あそこで巧くまとめることが出来れば評価も違っていたと思う。
強引につじつまを合わせるところなんて某作家を髣髴とさせる。

大幅に改定されらしい文庫で読んだのでノベルズがどうだったのかはわからないが、読む人を選ぶことだけは間違いない。個人的には10点満点の4点だが、人によっては10点もありえるような小説だ。

フリッカー式 <鏡公彦にうってつけの殺人 > (講談社文庫 (さ87-1))フリッカー式 <鏡公彦にうってつけの殺人 > (講談社文庫 (さ87-1))
(2007/03/15)
佐藤 友哉

商品詳細を見る
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dei18.blog40.fc2.com/tb.php/22-fcbb6595

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。