雑記の日々

ミステリが好きで、京都サンガをひそかに応援し、スーパーGTを見に行ったりもし、音楽も好きで、映画も少し好きな僕のグダグダ雑記ブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
奥田英郎といえば「イン・ザ・プール」に始まるホンワカ医者の伊良部を主人公とした筒井康隆のような「巧いなぁ」とおもわせるような話もあれば、「邪魔」、「最悪(未読)」のような、ミステリファンにも支持される作品もあり、どちらにしても読者を引き込む面白さを持った作家だと思う。

ではこのガールはどのような作品かといえば、前者に近い作品だと思う。
全部で5編の短編集で、すべて30代、独身の女性OLを主人公として描かれている。では男性が読むと面白くないのかと言うと、全然そんなことは無い。実際自分も女性側から男がどのように見られているのかを楽しんで読めた。読者を選ばない作品だと思う。

特別に「面白い!」と言えるわけではないが、軽い読書には丁度いいと思う。7点


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dei18.blog40.fc2.com/tb.php/11-99103662

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。