雑記の日々

ミステリが好きで、京都サンガをひそかに応援し、スーパーGTを見に行ったりもし、音楽も好きで、映画も少し好きな僕のグダグダ雑記ブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ハイスクール・ミュージカル [DVD]ハイスクール・ミュージカル [DVD]
(2007/05/23)
ザック・エフロンヴァネッサ・アン・ハジェンズ

商品詳細を見る


これみて感動できる人がいるのか・・・とうらやましく思ったり。
なんでもできる万能人間の悩みってあんなモンあのかなぁ・・・と。
まぁ歌って踊って楽しげな映画ではあるんですが、感情移入度ゼロ。
・・・卑屈になってしまった。

リア充にしか共感できない世界

2点(でも好きな人はとことん好きなんだろう・・・)

にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ
スポンサーサイト
パラぱらっと感想。

・モリシお疲れ様
サンガからもこんな選手がどんどん出てきてほしい。
いまでいったら在籍年数最長の平井さんかなぁ。

・G大阪の調整遅れ・・・C大阪とのPSMで全然だったとか。
遠藤はそんな言うほど…というてますが

・ゼロックス杯が今週末に。開幕の1週間前ですね。

・ヤナギは開幕間に合うのか間に合わないのか。情報が錯綜してますね。
無理してでなくても・・・とも思う(去年のパウのように怪我されてもあれなんで)けどQさんなら出しそうかなぁ。ディエゴがまだフィットしていないというのが気がかり。

・J2の欄見てたら開幕スタメン予想に徳さん、斉藤さん、倉貫さん、大久保さん、米田さん、大志さんと三上さん、石井さんと元京都の選手がずらり(抜けてたらすいません・・・)。J2も楽しみだ。C大阪、岐阜とご近所さんに上がってきてほしい。てか落ちたりしないでね。。

にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ
アフタースクール [DVD]アフタースクール [DVD]
(2008/11/28)
大泉洋佐々木蔵之介

商品詳細を見る


あーーいいなぁーっていう邦画に久しぶりに出会いました。

何がいいのか紹介しようとするとネタバレになっちゃいそう(この発言がもうネタバレ?)なので多くは語れません。

超・おすすめです。

※なんか批評とかみてると批判的な(退屈・おわっても?ってかんじ・伏線張りすぎ・・・など)意見もあってびっくり。セリフががメインだから?派手さがないから?
意見はいろいろですねー

今回から採点していきます・・・8点/10点満点
にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ
ショートショートの広場〈20〉 (講談社文庫)ショートショートの広場〈20〉 (講談社文庫)
(2008/03/14)
阿刀田 高

商品詳細を見る


日本のショートショートといえば星新一。
このシリーズも元々は星新一が選者だったが、亡くなられてからは阿刀田高に交代(このあたりの記憶がはっきりしません)して、もう20冊目。

星新一のそれを思い出させるような作品から全然毛色の違うものまで多種多様な一般公募作品が収録されていて暇つぶしにもってこいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ
プレステージ [HD DVD]プレステージ [HD DVD]
(2008/01/01)
アンディ・サーキスデヴィッド・ボウイ

商品詳細を見る


荒木センセ(ジョジョの作者)が絶賛してたのを思い出しながらレンタル。

見てみるとジョジョっぽいというか、
読者をだますことに(場合によってはそれのみに)重点を置いた日本のミステリっぽい作品だった。
結構いろんなところに複線が張ってある手品映画でありミステリーでありSFだけど謎は一応解決されてて一安心。丸投げの映画はいやなのです。

最近流行の知能バトルってところでしょうか。

この映画を見てなにかを考えさせられるってことはないだろうけどエンタメ作品として秀作。

※監督はバットマンビギンズ、ダークナイトの人らしい。
※デビッドボウイも出てるらしい。後で知りました。
にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ
今日のエルゴラはサンガに3面も割かれているということで買ってしまいました。

気になったのは
・チームQの特徴→テクニックだけの選手はほとんど使われない(フェルは例外)
「テクニック~」で思い当たったのはヒロキ、アンドゥあたり。
去年はヒロキのから安藤がポジションを奪ったって印象があるけどイメージ似てます・・・
特にヒロキは今年が勝負の年だと思うしがんばって欲しい

・京都85年会の水本、ダイゴウが頼もしい
Q監督の好みで集められた85年周辺の生まれの選手たち。
彼らの熱さ、意気込みが伝わってきました。
そういえばまっすうは熱い男だし水本も秘めたモンがあるのかも。

・連携いまいち?
ヤナギの調整が遅れていること、ディエゴがまだフィットできていないことなどが上げられました。
開幕までには何とかなって欲しい。
個人的には右SHでレギュラーを目指す林にがんばって欲しいです。


にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ
WHITE ROOMWHITE ROOM
(2005/03/09)
YOSHII LOVINSON

商品詳細を見る


YOSHII LOVINSON2枚目のオリジナルアルバムにしてこの名義では(3枚目「39108」以降吉井和哉名義)最後のアルバムとなった今作。

僕がはじめて聞いた、そして大きな衝撃を受けた「CALL ME」が収録されているアルバムです。
たしか深夜の音楽番組でCALL MEがチラッと流れてていいなぁ~と思いアルバムを借りたたのがきっかけ。

ここまではまることになるとは。
最初に聞いたアルバムだからかソロ・イエローモンキーあわせても、一番好きなアルバムです。
ってか好きなアルバムベスト5に入れても良いくらい(絶対数が少ないのもありますが・・・)
特に「CALL ME」「トブヨウニ」は何千回と聞いてる大好きな曲です。

にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ
今期から右SB にコンバートした西野が怪我をした模様・・・(本人ブログより)
大丈夫だろうか・・・ポジション争いで大切な時期だけに心配です・・・


田原はアデレードと契約できそうな様子。
「一方、元Jリーグ京都サンガストライカー田原豊は、昨日健康診断を受けた後に、レッズの契約を促進しています。タハラは、今週、ユナイテッドで訓練を受けます。」(現地新聞を自動翻訳)
がんばってほしいですね。

実はアデレードに滞在してたことがあるので無駄に親近感がww
アデレードは人口100万人たらずの地方都市できれいな港町です。
オーストラリアの中のアデレードは、ちょうど日本の中の京都のような存在と聞いたこともあったので、
きっと田原もなじんでくれるでしょう。


にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ
ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書)ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書)
(2008/07)
上杉 隆

商品詳細を見る


メカラウロコでした。
最近(といっても小泉フィーバーの頃から)ずっと感じてたマスコミに対する違和感の正体が少しわかったような気がします。
この本で紹介されているのは権力者に成り下がったマスコミ像。担当政治家が出世すれば自分も出世するというシステム、政治家からの推薦状で入社できるNHK、匿名記事の多さ、記者クラブの閉鎖性などなど・・・。
批判するときは威勢のいいマスコミこそ批判されるべき権力者だったのだなぁと感じました。マスコミも腐敗した権力のひとつだったんですね。

この本をよんでなるほどと思ったのは、アメリカの新聞が自らの立場を明らかにしてから意見を述べるというスタンスを取っていること、そしてアメリカの新聞では記事の誤りを積極的に認め訂正記事だけで1面つかうこともざらだということ(もっともアメリカと日本では新聞の厚みが全然違うようですが)。

日本のマスコミに関して僕が凄く嫌悪感を感じるのはあたかも中立な立場を装って一方の立場に有利になるような報道を平気でするところ。しかも具体的に政策を批判しないからタチが悪い。批判しても「だめだだめだ」というばっかりで解決策も示せない。

閑話休題

絶対読んどいた方がいい一冊です。



にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ
選手名鑑買って来ました。2009年シーズンの。

これアンケートがいろいろ面白いですね。
「仲のよい選手」では水本、豊田、中山、マス各選手が「京都85年会」と回答。
Qさんの意向で22,23歳の選手が多いからでしょうね。
森下、安藤、ダイゴウ、松井も年が近い選手です。

「今年の目標」では
ディエゴ、パウ、シジとブラジル人トリオがリーグ制覇を掲げて頼もしい限り。
他にも安藤、ヤナギも同じ目標を。
リーグ制覇じゃなくてもなにかタイトルを取ってほしいなぁ・・・
ちなみに勇人の目標は「もっと走る」(笑)さすがです。
オシムにもっと走れといわれたとか・・・

でも京都のページで一番印象に残ったのはヤナギの夢、「世界一」
そして豊田の夢、「幸せな家族」

豊田の好感度が急上昇しています。


にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ
88
(2000/07/26)
THE YELLOW MONKEY

商品詳細を見る


イエローモンキー最後のオリジナルアルバムとなった「8」

ファンの間では6thアルバム「SICKS」の評価が高いらしく、「8」の評価は高くないらしいけど、活動休止後ファンになった自分としては8も相当いいアルバムだとおもいまつ。

はまるきっかけになった「バラ色の日々」のアルバムバージョンやベストでlive版だけきいたことのあった「サイキックNo,9」などなど一曲一曲聴けてよかった曲ばかりだったし、名曲ぞろいのアルバムだと、感じました。
全体的にどこか寂しげな曲が多いのはきになるところ・・・


にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ
開幕がいよいよ間近に迫ってきました。

とりあえず開幕戦は見に行って・・・ガンバ戦もいけるはず。
第二節、アウェイ大分戦の日は岡山にGT開幕戦見に行きますごめんなさい。

だって「「X JAPAN」YOSHIKI、スーパーGT参戦「童夢NSX」激励」ですよ!TAKATA童夢を応援してた身としてはきになるじゃないですか!

カラーリングはなんともいえない感じになってますが・・・REALnsxとかぶらないんかな?

3月が待ち遠しい・・・

にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ
星の王子さま (新潮文庫)星の王子さま (新潮文庫)
(2006/03)
サン=テグジュペリ

商品詳細を見る


あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なんでいままで読まなかったのかと激しく後悔。
こんな凄い本だったとは・・・電車ン中で泣きそうになってしまった・・・(・∀・;)

これ読んだ事ない人はマジで人生損してますよ!
よんでよかった・・


にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ
ウィリアム帰国・・・?
こーけんのブログによるとどうも帰国した模様。

入団したと思ったら怪我して…復帰後も出番はなく。
枠の都合で出番を求めて印刷へレンタル。

でも突然の帰国。

むう。

何があったかわからんが心配だ・・・プロの世界は厳しい。

そして
京都は大学生相手に引き分け
むぅ。
なんか練習試合ほとんど負けてるような。

まぁあくまで練習試合なんで本番で勝ってくれればなんでもいいんですが。
開幕まで後20日ちょい?すぐだなぁ・・・

にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ
群青学舎 一巻 (ビームコミックス)群青学舎 一巻 (ビームコミックス)
(2006/08/31)
入江 亜季

商品詳細を見る


2日連続入江亜季。
個人的にはこっちのが好きです。
オムニバス形式?で読みきり漫画をさくさく読めるのもいいし、全体に共通する青さもいい感じ。
誰もが楽しめる種類の漫画じゃないかなぁ。

友達から借りてよんだのですが、全部集めたくなりました。


にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ
コダマの谷 王立大学騒乱劇 (ビームコミックス)コダマの谷 王立大学騒乱劇 (ビームコミックス)
(2006/08/31)
入江 亜季

商品詳細を見る


だんだん絵がうまくなってくとことか楽しい作品。
ずば抜けた面白さはないけど、気楽に漫画を読みたいときなんかにぴったりだと思う。
連作短編が2作入ってるといえばいいのかな?
無駄に紹介しづらいwww

古本なら買いですよ。

にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ
開幕戦、神戸戦のチケも発売間近。

開幕戦過去十年J1でかってないという話をちらりと聞きましたがそもそも十年のうち何年J1 にいたんだって話で今年こそ勝利を!ってか開幕してしばらく厳しい相手が続くからかっとかんとマジでやヴぁいんじゃないでしょうか。

神戸って言うと大久保、レアンドロが抜けて弱くなったイメージがあったけどどうやらそうでもないらしく。
監督が変わったんで不確定要素も多々あるけれど手ごわい相手らすい。

でも。
みえます。ツネ様をけちょんけちょんにするヤナギが・・・パウが・・・ディエゴが・・・豊田が。
去年の0-4みたいな悪夢は見たくないんですね。

とりあえず友達引き連れていこうかなぁ…

にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ
ダークナイト 特別版 [DVD]ダークナイト 特別版 [DVD]
(2008/12/10)
クリスチャン・ベールマイケル・ケイン

商品詳細を見る



タイタニックに次ぐ興行収入をたたき出した2008年夏公開の映画、バットマン・
まず故ヒースレジャーのジョーカーの演技がすさまじい。まさに狂人。圧倒的存在感。DVDのパッケージがバットマンではなくジョーカーなのもうなずけます。息つく暇のない展開、途切れない緊張感、演
出、映像、音楽、脚本、すべてが高レベルな作品。

特に注目すべきは脚本。「正義と悪」という、ありきたりに聞こえるかもしれないテーマですが、法の精神に反する行いをしてでも市民を救おうとするバットマン、そして金や地位ではなく、あくまでも人間の「善」を叩き潰し、高潔な人間を堕落させ、世界が破滅してゆく様を見てゆくことを目的に行動するジョーカー。人々の注目を集めるバットマン、それに挑むかのように凶悪な行為をするジョーカー。
表裏一体の関係にある二人。ジョーカーはそのことを巧みに利用し、バットマンとハービー・デント地方検事、ゴードン警部補を混乱させ、崩壊させていく。

いや~すごい。バットマンはどことなく現代社会のアメリカを連想させる存在ですが(巨大な力を持った正義という意味で)、そんな単純なものでもないのでしょう。正義が悪を生むというスパイラル、堕落する人間、人を信頼することはできるのか、とまぁいろいろ考えさせられる映画。印象に残るエピソードがいくつもあることからもこの映画のすばらしさがわかります。

深読みしようと思えばいくらでも深読みできそうな奥深さを持ちながら、決して難解ではなく、2時間半以上あきない展開でアクション映画としても一級品。歴史に残る映画でしょう。

見ないと損です。

にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ
直木賞作家の泡坂妻夫氏が死去

ミステリ作家でもありマジシャンでもあった泡坂妻夫先生が亡くなった・・・(´・ω・`)
ぼくにミステリの楽しさを教えてくれた人の一人だし凄くショックだ・・・
「しあわせの書」はまさにミステリと記述の融合に成功した傑作だと思うし、「乱れからくり」は僕の好きなミステリ10作のひとつにはいる作品です。

ご冥福をお祈りいたします・・・

にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ
裁くのは誰か? (創元推理文庫)裁くのは誰か? (創元推理文庫)
(1992/07)
ビル プロンジーニバリー・N. マルツバーグ

商品詳細を見る


森博嗣(代表作「スカイ・クロラ」「すべてがFになる」等)が大絶賛していたのでよんでみました。
サスペンスタッチでさくさく進み、大統領が陰謀に巻き込まれていく様はすさまじかった。
元々ハードボイルドの人らしいし。

最後に明らかになる大胆なトリックについては僕は否定派です。でもたぶん凄く意見分かれてるんだろうなぁ。アマゾンでは絶賛の嵐だし、森センセが評価してるのもそこだと思う。

よんでみる価値はあるんでないでしょうか。


にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ
ルーブル美術館に荒木神が光臨中とのこと
JOJO IN LOUVRE !! ルーヴル美術館『小さなデッサン展』に荒木先生の新作原画が展示!@JOJO

すげ~・・・ルーブル美術館に展示された日本人ってなかなかいないんじゃない?
17巻が待ち遠しい・・・

top582.jpg



なんでチョイスが岸辺露伴www
好きだから良いけどw



にほんブログ村 サッカーブログ 京都サンガF.C.へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。